読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『何者』はなぜ低評価なのか※ネタバレなし!

映画『何者』を観ようと思った僕は、まずYahoo!映画の評価を確認しました。

movies.yahoo.co.jp


えっ何これ…やたら評価低い…

とは言え、就活を題材にした映画なんてなかなかないでしょうし、折角なので観に行ってみようかと。

 

 



で、観た感想を率直に言うと

 

 

 

 

 

 

 


めちゃくちゃ面白いじゃねえか!!!


一瞬「こんな面白い映画がなんで評価されてないんだ?」と不思議に思いましたが、レビューをある程度読んでみてその理由がわかりました。

なので、今回はなぜ『何者』の評価点数が低いのかについて綴っていきます。


①ターゲット層が狭い

作中では最初から最後まで「就活あるある」「SNSあるある」が散りばめられているのですが、これってSNSを使いながら就活を体験したことのある人にしかわからないよな、と。
具体的に言えば今の20代。
それも、「文系」の「大学生」で「民間企業」を受けた人。

理系の就活はどうやら文系とは多少違いがあるらしいですし、高卒の人や公務員志望、医学系志望の人も事情は違うようです。
僕自身は民間企業の就活を体験したことがあるので、まさしくストライクでしたが。

まして、30代後半以降の人にはよくわからない映画だったのかもしれません。
Yahoo!映画のレビューを見ても、高評価をつけている人の多くは「私も少し前に就活をしていましたが〜」という方のようです。
低評価をつけている人の全員が「最近の就活」を体験していないとは言い切れませんが、「自分は遥か昔に就活をしていたが〜」という立場から低評価をつけている人も散見されます。

実際に作中ではリ○ナビやマ○ナビを利用したことのない人にはわかりにくい表現もあったり、「最近の就活」を経験した人にしかわからない点も多々ありましたしね。


ところで最近人気だった映画と言えば『君の名は。』と『シン·ゴジラ』辺りでしょうか。

その二者と比べると、やはりターゲット層が狭いように思えます。

君の名は。』は10代や20代、さらに30代のいわゆる「セカイ系」の世界観が好きな人から絶大な支持を受けているようです。
『シン·ゴジラ』は初代ゴジラにハマったオジサマ世代から20代の若者まで、幅広い層に人気があります。

そう言えば50代くらいのおじさんが「君の名は。」をこき下ろして炎上してましたね。
そりゃまあ、ティーンズに大人気の映画をおじさんが観ても面白くはないでしょう…(それすら楽しめるアグレッシブおじさんもいるかもしれませんが)
また、『シン·ゴジラ』を5歳児に見せたとしても「ゴジラかわいそう」くらいの感想しか出てこないかもしれません。

このように、ターゲット層を外れるとどんな面白い映画もたちまちつまらなくものに見えてしまう危険性があります。

逆にターゲット層からすると素晴らしい傑作になるかもしれないんですけどね。


②悩みのスケールがショボい

またまた『君の名は。』と『シンゴジラ』を引き合いに出させてもらいますが、どちらも登場人物の悩みが深刻ですよね。
「運命の人と会えなくなっちゃう!」とか「日本国土壊滅か!?」とか、見てるだけでハラハラドキドキしちゃいます。

それに比べて『何者』の登場人物は悩みがショボいように見えます。
「友達が内定取ったのを素直に喜べない」とか「夢を追ってる人間が妬ましい」とかそんなレベル。
誰でも一度は悩んだことがあるような内容です。
そこに描かれているのはファンタジー要素もない、目を背けたくなる現実。

きっと、見る人が見れば「いちいちそんなことで悩んでんじゃねーよ」と言いたくもなるでしょう。
登場人物に感情移入できなければ、みなさんの仰る通り面白くない作品なのかもしれません。

しかし、「最近の就活」を体験した人からすれば「あぁ〜それめっちゃわかる〜」と声に出したくなるような悩みが次々と現れます。

悩みのスケールが小さいからといって、それが「軽い」悩みであるとは限りません。
自分の就活経験と重なる部分が作中で出てくるとついつい胸が痛くなります。

僕自身は数年前に就活を終わらせたので少し冷静な目で観ることができましたが、自分がまさしく就活中だったら………
きっと劇場で泣いてしまっていたのでないでしょうか。

 

③「風刺」作品の特性

『何者』はいわゆる「就活」を強烈に皮肉った作品だと思います。
しかし、得てして風刺作品というのは「ある時代のある層の人たち」にしか理解できない部分があります。

極端な例ですが、現代の日本人が1860年に書かれたアメリカの社会風刺作品を読んでも、それを肌感覚として味わうことはおそらくできないでしょう。
たくさん関連書籍を読んでその時代のアメリカに詳しくなったとしても、その時その場所に住んでいた人たちほど痛烈な感覚を味わうことはできません。

同様に、「最近の就活」を体験していない人がこの作品を見て感涙することはかなり珍しいのではないでしょうか。(世の中には色んな人がいるので、100%無いとも言い切れませんが)

Yahoo!映画のレビューの中で面白い記述がありました。
「登場人物がSNSに依存しすぎててリアルじゃない」
このコメントを見た瞬間僕は「えっ?」と思いました。
ツ○ッターに張り付くとか、フェ○スブックの友達の投稿が気になるとか、普通じゃないの?

おそらく、僕らよりある程度の上の年代からすると登場人物の姿は奇異に映るのでしょうね。
僕からするときわめてリアルな若者でしだが…
友達にもいますよね?
みんなで集まってる時にチラチラスマホ見てる人。

僕らの「リアル」は世代の違う人からすると「リアル」じゃないんだなぁ、と改めて感じました。

特にラストシーンはかなり風刺が利いているな、と思いました。

Yahoo!映画のレビューを見ると「ラストが意味わからん」という意見もところどころ見受けられますが、逆に「ラストが最高!」という方もいます。

わからない人の感性がどうこうとかではなく、これも当事者性の問題だとは思いますが…

ちなみに僕も「ラスト最高」派です。

詳しくはネタバレになるので、劇場で確認してみてください。



以上、とても面白い作品である『何者』が低評価を受けている理由について考察してみました。

ナビサイトで就活をしたことのある人は、とにかく一度観てみてください。
きっと楽しめると保証します。

また、「最近の就活」を知らない方も、就活生が「何と闘っているのか」を理解するために観ても面白いかもしれません。

作中でもインターネットが発達「してしまった」弊害は描かれていますが、『何者』の評価が低く、ネット上でまるで駄作かのような数字を叩き出しているのは皮肉な話ですね。
数字なんて目安にしかならないな、と改めて思いました。

あー、低評価を無視して観に行ってよかった。